ずっと忘れない、志村けんさんありがとう

スポンサーリンク

2020年3月30日AM10時頃、日本中が衝撃と悲しみに包まれた。
志村けんさんが前夜3月29日に亡くなられたという速報でした。

手洗いの画像

上斜視、下斜筋過動の弱視の子の眼鏡処方を終え、いつもより40分遅れて昼休憩に入った。
スマホをみると妹から一通のLINE。

「志村けんさんが亡くなったよ、悲しい」

 

一瞬、時が止まり、変な胸騒ぎがした。

Twitterで詳細を確認。
スッキリでハリセンボンの春菜さんが泣きながら、志村けんさんへのコメントする動画がたくさん流れてきた。

「自分たちが気を付けることで自分を守るのではなく、他の方を守るんだという意識を持たないと。
最後、志村さんが与えてくれた思いをムダにしてはいけない。」

まさにその通りで、改めて新型コロナウイルスの恐ろしさを痛感した。

夕食後、父親が帰宅した。
父は昨夜から腹痛が治らないとすぐに寝た。
普段腹痛なんて言わないので、かなり心配だ。
ただの疲れか風邪であることを祈る。

旦那が帰宅し、志村けんさんの話になる。
私達は2018年8月にバカ殿様の劇を見に行ったのだ。
しかも最前列でバカ殿様を観賞した。
その時の志村けんさんの思い出話に花を咲かせ、悲しみで胸がいっぱいになった。

言葉にならない思いがたくさんある。

志村けんさんが教えてくれたことを、絶対に忘れないように今回記事にした。
手洗い、うがい、不要不急の外出を控える。
集団のところには行かない。
後悔しないよう行動する。
免疫力を高める生活を送る。
今取り組んでいることを諦めない、投げ出さない。
だらだら過ごす日々を辞めて、日々努力することを心から誓った。

今回の志村けんさんの訃報で、たくさんの思いや学びをもつことができました。
絶対に今日という日を忘れません。

ご冥福をお祈り申し上げます
                       2020年3月30日(月)

スポンサーリンク