妊活と仕事の両立は何が辛い?退職を決意するまでに考えたこと

スポンサーリンク

こんにちは。ゆみです。
今回は、実際に私が6年間妊活と仕事の両立をして
分かったことや、辛かったことを書きます。

共感できることがたくさんあると思いますので
この記事を読み終わって
あなたの今後の方向性が少し見えてくると幸いです。

妊活と仕事の両立は何が辛い?

  • 通院の多さ
  • 明日来てくださいなどの急な受診指示
  • 休みの予定が立てられず職場に迷惑をかける
  • 早退、遅刻、休みづらい
  • 職場に対する罪悪感
  • 治療のために重要な仕事を任せてもらえない
  • 年齢的焦る不安
  • 薬の副作用で体調不良
  • 周りの理解が得られない
  • 周りの視線が冷たい
  • 旦那だけの稼ぎでは厳しい
  • 退職後、気持ちを紛らわすところがない
  • 多額の受診費用

また、仕事が好きで続けたいが(妊活より仕事)
旦那や親の意見、世間の目や常識で悩んでいる人もいるかと思います。

私も毎日毎日悩み、苦しかったです
辛かったです。
ストレスで体重が減り、食欲不振、片頭痛
いろいろな症状がではじめました。

妊活を続けて5年たったある日、このままの精神状態で赤ちゃんがきてくれるわけがないと思いました。

退職を決意できたきっかけ

今、何が一番大切なのか?
一人で考え、旦那さんとも時間をかけてしっかりと話し合いました。

  • 本当は仕事を辞めて、ゆっくりした気持ちで治療がしたい
  • 治療費は必要だけど、数年働かなくても暮らせないわけじゃない
  • 先のことまで考えるから不安になるんだよね
  • 退職後のまだ起きていない事を考えても無駄でしかない
  • ストレスで逆にホルモンバランスが崩れる
  • 思い切って退職してみようかな

産みたいと思っているのなら
まず自分に素直にならないと!!

『あのとき、仕事を休めなくて子供を産めなかった。』
と後悔しても誰も責任をとってくれません

子供は夫婦で考えるものですが
まず自分の気持ちを一番に考えてあげることも
妊活の一つだと思います。

まとめ

悩む=我慢してる
我慢をしていると自分の本当の気持ちが分からなくなります。
一度きりの人生、自分の気持ちを大事にして、自分の意志をもって下さい。
それからどうしたいのか考えて下さい。
素直になることが赤ちゃんに会えるまでの近道かもしれません。

スポンサーリンク