マタニティーマークがうざい?なぜ不快な思いをするのか?

スポンサーリンク

こんにちは、ゆみです。
今回は友人から衝撃な話を聞いたので記事にしてみました。

友人が電車から降りるため通路を歩いた時に、座っていた30代女性が急に足を引っかけてきたそうです。

妊娠初期だった友人はマタニティーマークをつけて
電車内では早く我が子に会いたい気持ちがいっぱいでお腹をさすっていたそうです。

なぜマタニティーマークをみると不快な思いをする人が多いのか?

いろいろな意見があると思いますが
・不妊治療をしてる人や流産などで苦しんでる人からすると自慢に見える
・幸せを見せつけられてる気がして不快
・電車の座席を譲って!とみせつけられてると感じるから不快
人は他人から共感を得ることで大きな喜びを感じますが
自分の気持ちが相手から理解しようとする意思が感じられないと怒りや悲しい気持ちになっていくものです。

一人一人価値感が違うの中で、人の喜びや幸せを喜べないましてや怒りとなる人の価値観はとても狭く
「〇〇はこうあるべきだ!」といった固定観念を持っています。
そうなると他人への理解を示すことができずに、結果他人の幸せを喜べないことに繋がることになります。

マタニティーマークについて

そもそもマタニティーマークとはマタニティーマーク(厚生労働省)

実の姉が妊娠中にマタニティーマークをつけていて良かった話です。

・妊娠初期でお腹が目立たない時、つわりで辛かった時にバスで席を譲って貰えた

・重い荷物を持って階段を上っていたら、通りがかりの男性が荷物を運ぶのを手伝ってくれた

姉はこのような方に出会えて、世の中捨てたもんじゃないと、とても喜んでいました。
バスや電車の席を譲るという配慮はもちろんのことですが、万が一の事故などで病院へ搬送された際にお母さんの処置に関わってくる重要な役目もあります。

不妊治療してる私が思うこと

不妊の人は、不妊の人はと不妊治療をしてる人がみんなマタニティマークに文句を言ってるように思われがちですが、そうではありません。
そこを誤解のないようにしてほしいと思います。

不妊治療をしてるからこそ、妊娠にいたるまでの道のりがどれだけ奇跡なのかが分かります。
マタニティマークを見かけたら、必ず譲ります。

初めの友人の話に戻りますが、その友人は不妊治療をしてる人に辛い思いをさせないようとマタニティーマークをつけることを辞めました。
悲しい話ですね。

今不妊治療をしてる人は、待望の赤ちゃんを授かった時には遠慮せず、しっかり新しい命を守るためにつけてほしいと思います。

スポンサーリンク