不妊治療と仕事の両立に悩んだら退職した方がいい

スポンサーリンク

不妊治療をしているとどうしても仕事の悩みがでてきますよね。

ゆみ
退職した方がいいのか?それとも休職?
治療費もかかるからやっぱり続けようかな。

こんな風に毎日悩んでいませんか?

今回はそんな悩みを解決できるように、実際に退職と休職の両方を経験した私が悩んで悩んで決断した退職経験談を書きます。
また退職するまでに至った経緯もご紹介します。

記事を読み終えると今後不妊治療での仕事の悩みは一切なくなり、前向きに妊活ができるようになります。

不妊治療と仕事の両立に悩んだら退職した方がいい

ではまず、不妊治療をしてまで子供が欲しいのに、なぜストレスになる仕事のことを考えるのか?
大半の方は、お金問題や退職したのに妊娠できなかった時のことを想定しているから一歩が踏み出せないんですよね。

でも、たった数年働かないで何か問題はありますか?
結婚しているのだから餓死することは、まずないでしょう。
治療費はかかるけれど、最低限の生活はできるはずです。
実際問題、仕事を選ばなければ資格がなくても、いくらでも働ける世の中になっています。
不安がない生活に安定や妊娠も全てを手に入れるなんて体が疲れてしまいますよ。

退職決意までに3年悩み、 過敏性腸症候群になる

退職決意までに3年悩み過敏性腸症候群になる

私は正社員として7年その間5年不妊治療していました。
仕事と治療の両立が辛くて退職、休職に迷う時期が3年続きます。
体外受精にステップアップした時は、毎日の注射に卵胞チェックの通院が大変なことで休職を選び、3ヶ月休んだ時もありました。
この時は退職した後の不安が大きく退職決意ができませんでした。

ストレスに強いと思っていた私はついに体に異変がでます。
ガス型の過敏性腸症候群と診断される。
もう限界だ・・・・

ゆみ
退職する!!

本当は仕事を続けながら不妊治療したかった

不妊治療と仕事の両立に悩んだら退職した方がいい

ただ、やっぱり金銭面の不安。
正社員で退職したらもったいない。
いろんな不安がむしろ妊活の妨げになる。
退職の選択は最初はありませんでした。
でも心のどこかで辞めて楽になりたい気持ちがあります。

辞める一歩を乗り越えるのに毎日悩み、治療がうまくいかずに泣く。
周りの意見、旦那の意見、いろんな思いを考えると不安が押し寄せてきて、涙を流す日が増えていきました。
なので退職や休職、仕事のことで悩む人の気持ちがとっても分かります。
辛いですよね。

実際に退職をして私は後悔はありません。
むしろプラス要素がたくさんあります。
だからこそ、言います。
自分の気持ちを大切にしてください。
本当は辞めたいんですよね。

辞めてみたらいいですよ。
なんとかなります!!

子供を産みたいんですよね。
赤ちゃんだって見てます。
我慢をする辛そうなお母さんのところにはきっと赤ちゃんも来たくないと思います。

まとめ

人生100年時代。
数年働かなくたって、どうってことないです。
80年生きるとして、その数年は鼻くそです。
もっとラフに物事の視点を変えて考えてみてください。
案外大丈夫なことが多いものです。
退職をしたら妊活がうまくいくわけではありませんが、退職することによって時間の余裕ができて、気持ちの余裕ができます。
そして一番大切な夫婦関係も深まると思います。
気持ちに余裕がなければ妊活もうまくいきません。

スポンサーリンク