なぜ不妊治療をしてまで子供が欲しいのか?

スポンサーリンク

こんにちは、ゆみです。
私は24歳から不妊治療をスタートしました。
結婚当初は子供はすぐできるだろうと簡単に思っていたので
まさか自分達がこんなに辛い思いをするなんて夢にも思っていませんでした。

旦那の子供に対する大きな思い

旦那は男3兄弟の三男、私は女3姉妹の次女。
旦那は母子家庭で育ちました。
小さいときに寂しい思いをたくさんして、将来は大家族を作りたいと夢を描いていたそうです。
早く父親になりたい!!という旦那を早く父親にしてあげたかったのです。

私の子供に対する小さな思い

その時私自身はまだ20代前半で子供は早いかなと。
もっと二人の時間を作りたいと思ってました。
でも大好きな旦那が望んでいることだし、若いお母さんも良いかなぁと思うようになり結婚式後から子供を意識し始めました。
旦那よりは子供が欲しい気持ちは少なかったです。

不妊治療を6年続けた結果

そんな夫婦の子供への温度差がありながら6年続けた不妊治療。
人工受精
体外受精
顕微授精
採卵は6回
卵巣チョコレートの手術
精索静脈瘤の手術
4回の転院
休職
退職
いろーーーーーーーーーーーーんなことがありました。
何度ケンカしたか数えられません。
何度泣いたか分かりません。

なんで女ばかりこんなに辛いの!!!!
男なんて何にも辛くない!!!!!
痛いことない!!!!
仕事だって休むの大変なんだよ!!!!
もう嫌だ!!!!
つらい(´;ω;`)
でも頑張る(´;ω;`)
何十回も旦那に暴言を吐いてきました。

辛い思いなんて旦那も一緒なのに
言った後に後悔してベットで泣きます。
本当にしんどいです!
不妊治療はやった本人しか分かりません、この辛さ。

私は旦那や親の気持ちを優先していた

私は、大好きな旦那が子供が欲しいというから私も頑張らないと!
親や祖母に子供を抱かせてあげたい!
と思って不妊治療をしてました。

相手を思ってるようだが、実際自分本位の言葉じゃないから不妊治療が辛かったです。

自分本位の意志でないと、いずれ限界がきますし、不満がでるし、うまくいきません。
これは不妊関係なくすべて同じことが言えます。

まとめ

不妊関係は夫婦で行うものだから辛いのです。
でもまずは自分の気持ちを大切にした方が長い目でみると良いかと思います。

スポンサーリンク