挑戦

【Zoom集団面接】私の笑える失敗談3つをお話します

転職集団面接

初めてのZoom面接でいろいろと不安。

失敗しないために知っておいた方がいいことは何だろう?と悩んでいる転職活動をしている方が、解決できる記事になっています


なぜなら私が実際にZoom面接で事前準備をしっかり行わず失敗した経験があるからです


この記事では「私がZoom面接で失敗した3つの事」をお伝えします


この記事を読み終えれば、Zoom面接での失敗を減らすことができます

面接予定時間外に入室した

企業から送られてきたメールに「13時になったら、Zoomにログインして下さい」とURLが添えられてました。

アプリがなくても、 WebでもZoomができるのか?

いろいろと分からないことがありましたが、とりあえずZoomのアプリを立ち上げログインだけしておきました。

ちゃんと開けるかの確認するために、指示があった時間の30分前に、企業から送られてきたURLをクリックしてみました。

そしたらなんと!!人が写った!!!

ぎゃーーーーー!!(心の叫び)

しかも若い男性だったので、受験する人だと思い、軽く会釈しました。

すると男性が何か喋ってる!

けど、聞こえない!!

あれ、ミュート?なに?なに?状態。

いろいろカチカチして1分経過後にイヤホンを刺してたことに気づく私。

急いでイヤホンを耳に入れたら、男性の声はしっかり聞こえました

がしかし、その男性は面接官だったのです。


まじかーい!!!!!


でも、優しかった。

笑顔で、聞こえて良かったです

あと少しお待ちくださいね。と


なので、皆さん。時間外にクリックするのは危険ですよ。

正座をしてたら脚が痛くなった

Zoomはパソコンでしました。

カメラの位置を顔の高さに合わせるために、箱など調整するも微妙に合わなかったので正座で臨むことに!

面接予定時間は30分とメールに記載があったので、30分くらいなら大丈夫と思ったことが大間違いでした。

まさかの55分!!
40分経過したあたりから、足の感覚がなくなり足はピリピリ状態。

最悪です。

面接官は4人でしたが、その4人が手元の書類を見てる隙に、一瞬で少し足をずらしてました。

なので皆さん、面接の時は椅子に座りましょう。

カメラに意識しすぎて、面接官の顔を見なかった

これは失敗なのかは分かりませんが、面接官が話をしている時に面接官の顔(画面)を見ず、カメラを見ていました。

あとから気付きましたが、普通は話をしてる人の顔を見ますよね。

カンニングしてないよアピールが強く、カメラ目線を意識しすぎたせいです。

まとめ

こんなマヌケ失敗談を最後までみていただき、ありがとうございます。

参考にしていただけたら、幸いです笑

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆみ

31歳。本業(視能訓練士)のかたわら、女性の悩み、4世帯家族(婿)、挑戦していることなどさまざまな発信をしています。「より人生を自由にしたい」と思い新しいことにチャレンジし続ける主婦です。

-挑戦